仮想通貨:FINAL ICOってのはなに?


 

わたしは、お小遣いサイトでお小遣い稼ぎをしています。

このお小遣いサイトってのは、広告を見たという見返りにサイト運営者がおこぼれをくれるわけですね。

ですので、とにかく広告を見ることになるわけです。

ときには、いい情報収集になり、勉強になることもあります。

 

興味関心連動型広告というやつなのかわかりませんが、ICOの広告をしばしば見ることがあります。

キバリオン、という企業のICOをちょっと前から見ましたが、これほぼ怪しいとの評価がでていますね。

検索すると、口コミは、ほぼ詐欺だろう、ということでした。

 

↓キバリオン、という企業のICO。

https://kyvalion.mikuga-ma.co.jp/?utm_dsp=sphere&utm_medium=dsp

 

この企業のCEOが、高額塾の企業のメンバーだったということですので、ほぼ詐欺ということでしょうな。

(すいません、当サイトの興味関心連動型広告にも、出てきました。こちらはご注意のほどご覧ください。)

 

最近ですと、

 

「世界が注目する上場確定のビットコインを無料プレゼント」

 

なるバナー広告があります。

 

通常、あまり気にとめないのですが、無料ということだけひっかかりました。

 

なぜか、というと、お小遣いサイトを見つけたのが、この無料で発見したからですね。

これは、本当にお得でしたので、よかったのです。それがあるのですね。

 

また、ICO関連の無料、というと、”AirDrop(エアードロップ)”というのがあります。

これ、ただで仮想通貨であるトークンをもらえるものです。

いわゆる宣伝のために配るわけですね。ポケットティッシュを街頭で配るのと近いわけです。

 

それでAirDropと思って気にとめたわけです。

キバリオン、っていうICOも登録だけで1万円相当のトークンを無料でもらえる、とありました。

これに近いのかも、とは思いましたが。

 

ただ、AirDropは、お小遣いサイトの”Faucet(フォーセット)”よりも確実じゃないので、やっていません。

手間はかかるわりに、換金できるのかわからないわけです。

しかも、個人情報の漏洩、ハッキングやコンピュータウイルスの感染リスクも伴います。

 

ICOのもっと可能性の低いものと言えると思いますね。ICOをただでやっているようなものです。お試しですね。

要は、配っておいて、やめた、でもなんの問題もないわけです。

ICOでお金をもらっていれば、詐欺で訴えられる可能性が少なからずあるので、ICOの方が少しはマシということです。

ポケットティッシュでなく、チラシをもらって終わりの可能性もあるわけですね。要はゴミをもらったようなものですね。

ですので、AirDropをやるなら、お小遣いサイトやった方がいいというのが、私の考えです。

 

しかし、無料にひっかかったので、クリックして見てみることにしました。

 

はじめは無視しました。なぜか、というと、広告がおかしいのですね。

仮想通貨を知っている人なら、無視しますね。だって、

 

上場確定のビットコイン?っておかしいでしょ。ばかかと思いますよね。

ビットコインってとっくに上場してるし、って。詐欺だな、で終わりでしょ。

 

まあ、クリックして見てやろう、ということで見てみました。案件名は、Final ICO Projectと命名しているようです。

要は、最後のICOってことですね。それ以外の情報は、登録者にだけ教えます、というやつのようです。

 

なんと、”BINANCE(バイナンス)に上場決定したコインを無料で手にいれられる”との広告がでてきました。

おおっと、これは、AirDropするコインがBinanceに上場確定してんの?そりゃいいな、と思いました。

しかも、月間仮想通貨の5月号(Vol.3)に掲載予定になっているというではありませんか。

月間仮想通貨という雑誌は、購読していて、わかりやすい雑誌でした。

5月号は、4月23日発売なので、すでに発売しているので、買う予定です。

それを見て、また、投稿したいと思いますが、購読前の情報を記載します。

 

それで、ちょっと現実味があるのか、と思ってきました。しかし、ほとんど情報がありません。

メールを登録しろ、ということなので、登録すると、少し情報がでてきました。

読んでいくと、”松山光市”なる人物がこの仮想通貨を開発したとの情報。

また、この仮想通貨は、マニラ(フィリピン)のカジノ(オカダマニラ、他)で使われることが決まっているとの記載がありました。

このカジノ名も公表しています。

すでにICOプレセールで、30億円の調達ができている、と。

 

広告では、ビットコインといっていましたが、ビットコイン以外の仮想通貨があるのだな、とわかりました。

しかし、広告で”上場確定のビットコイン”なんて記述をしてる時点で、無知な人をだまそうとしてるのでは、と思いますね。

知らない人は、ただでビットコインという情報だけで、見てみるか、なんてなる可能性もありますからね。

 

それで、、”松山光市”というキーワードを検索してみました。

そうすると、この案件の情報を書いている人がいましたね。

 

なんでも、この人物の素性は、よくわからない、ということです。

また、この仮想通貨は、”WithCoin”というすでにICOでプレセール(第1回目のICO)をやったものじゃないか、

ということでした。

 

そうだとしたら、ICOをやっているものを、AirDropをするわけはないわけですね。

したがって、そうだとすると、2回目のICOということの宣伝だと思われるということですね。

 

そして、ある調査した方が記載しているのを読むと、詐欺だと思うと書いており、

プレセールで買った人の仮想通貨を、2回目のICOで売らせようとしているのでは、ということでした。

要は、1回目のコイン価格よりも高いコイン価格で売ることで、1回目のコインを買った人が儲ける、

という仕組みじゃないかということでした。1回目でコインを買った人達がグルという構図ですね。

1コインが0.5円で、1000万円を1口として販売したようですので、大口購入しかできなかったわけですね。

1コイン0.5円のものをここで10倍の1コイン5円ぐらいで売っちゃおう、という詐欺じゃないかということです。

また、このWithCoinという仮想通貨トークンを発行した会社が、ビットステーションという日本の仮想通貨取引所の関連企業のようだ

とのことでした。このビットステーション、わたしも口座をもっているのですが、取引所の登録ができず、業務停止命令がでて、

廃業が決まって困っているんですが、そうらしいのです。

しかし、詐欺かどうかはわからない、ということでいったん終わっています。ですので、わかりません。

 

まあ、でも普通に考えると、これは、通常のICOなんだろうな、と思われるわけです。ICOは怪しいものだらけですから、普通ですね。

いずれにしても、AirDropでなく、通常のICOですね。たぶん。ですので、無料でというのは、たぶんうそだろう、と思うわけです。

無料というのは、BINANCEに上場が決まってるので、上場後すぐに売れば、損失はほぼでることがないんですよ、というわけですね。

そうやって、とにかく投資者を集めて、ICOの資金調達を成功させたい、ということなんでしょう。

それで、広告を出しているわけです。その広告費もプレセールで調達した資金でやっているわけですね。

 

とにかく、AirDropではなくて、仮想通貨トークンを購入することになるのは、間違いなさそうですね。

そこで、問題は、”BINANCEに上場が確定”ということが本当かどうかですね。

そうだとすれば、投資金がゼロ円になることは皆無ということになりますね。下がる可能性はあるにしてもです。

 

少額でできるのなら、ありかもしれないですね。

ですが、現時点では、詐欺だという方が多いので、やめた方が無難といったところでしょうね。

いくらでもふってわいてくるICOですから、悪評があるものはやめた方がいんでしょう。

 

とにかく、チェックすべきは、”BINANCEに上場”これが、本当かどうか。

それと、このコイン価格ですね。バカ高い値段なら、転売で儲けようという詐欺のようなものかもしれません。

 

いずれにしても、あらゆる疑いをかけながら、しばしウォッチしてみたい、と思います。

 

ちなみに、ICOの開始が、5月10日ということです。

 

 

 

 

 

 

メールで送られてきたリンクです。ウイルスはなさそうなので、一読してみてもいいかも。しかし、すぐに信用してはいけません。

疑いの目で見ていきましょうね。

【第一弾|情報解禁ビデオ】
→ http://mmct.jcity.com/?c=17&e=RvMOQBoPa95RKnL_hxzMQg11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です