仮想通貨:儲けにかかる税金

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨の儲けは、雑所得として、他の所得と合算され課税されるとのことです。

儲けも入れて、総所得が所得税の上記表に基づいて計算され課税されます。

上記以外に、住民税が10%かかってきますので、上記の表に+10%で考えておかないとなりません。

 

億り人と呼ばれる人たちは、半分は税金ですね。たいへんですね。

雑所得なので、20万円以下なら課税されないと思います。

凡人はこの程度ですね。気にしなくてよさそうです。

しかし、儲かったらしっかり払って、気持ちよくお金を使った方がいいですね。

びくびくしながら使ったら、犯罪で稼いだ金みたいになっちゃいますから。

 

また、株や外貨FXのように、損益通算はされないとのこと。

したがって、損は、その年にしか計上できませんね。

ですので、決済するかしないかが、非常に大事になりますね。

いずれにしても、決済しなければ、課税もなにもされないわけです。

億になるまで決済しないことですね。

 

今回、NEMの流出にあった人たちについては、同じように利益に課税されるとのことですね。

しかも、流出時の利益のようです。要は、流出時が決済した扱いと同じになるようですね。

 

したがって、返金額は、関係ないとのこと。返金額には課税されない、ということです。

要は、返金は、保証金、見舞金みたいな扱いになるようですね。

おおよそ、結果的には、通常通り課税されるので、決済したことと同じになる、ということですね。

いわゆる強制決済されたのと同じわけです。ある意味、ひどいですね。

 

宝くじは、売り上げが公共事業に使われているため、非課税ですので、当たれば、丸儲けです。

その点は、宝くじはなにも心配ないわけです。

 

仮想通貨で1億円を手取りしようと思ったら、おおよそ倍の2億円稼いでないといかんわけですね。

なかなか、いまからの値上がりで期待しようと思ったら、程遠い額ですな。

 

夢をもっていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です