ビンゴ5:第111回抽選のAI予測情報



 

 

ビンゴ5の第111回(2019年5月29日抽選)のAI(ディープラーニング)予測数字は、以下になります。

2つの予測値を提示します。ビンゴ5をご購入されている方は、ご参考までにご覧ください。

 

 

3,7,14,20,23,26,33,37           (セット球Dの場合) ← 1点買いにしたい方は、セット球当たりの可能性の高いこちらをご購入ください。

5,8,11,18,22,28,32,39     (セット球Gの場合)

 

 

<変更点>

前回の的中率がよかったため、変更なしで様子見。

 

 

<正解率>

94.83%
(テストデータの割合は5%)

 

 

<損失関数>

設定変更なしのため、損失関数の状態もほぼ同じですね。あいかわらず過学習ではありますが、様子見します。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<前回の結果確認と次回の調整方法>

前回の結果は、セット球Cが5個的中(13,20,26,33,40)、セット球Dが1個的中(8)となりました。抽選の結果、セット球はCでしたので、5個的中ということになります。2ラインがビンゴになりましたので、6等600円の当選となりました。ご購入された方は、おめでとうございます。セット球2つとも買っていても損は、しませんでしたね。まあ、200円が600円の3倍なので、100万円買った人は、300万円になりましたね。まあ、そのリスクをとる人はいないでしょうね。1等よりも、そういう安定当選ができてくればいいのかもしれません。しかし、1等を狙っていきましょう。どこかで当たるかもしれませんね。

5個的中しましたので、5/8 = 62%の的中率になっています。しかし、テストデータの正解率は20%程度なので、本当は2、3個の当選がふつうかもしれません。ただ、パターンがすんなりくると当たりやすい回がある、ということでしょう。なので、1等もないとはいえませんね。とにかく当たりやすい数字を選んでいることは確かですからね。また、データ数が毎回1回分増えていくので、パターンも読みやすくなっていっているとは思います。

次からは、変更なしでしばらく様子見していこうと思います。以前にも5個的中があったときに大幅設定変更して、当たらなくなった経緯があるので、大きな変更はしないようにしたいと思います。

 

 

 



 

 

 

<↓前回の配信情報>

ビンゴ5の第110回(2019年5月22日抽選)のAI(ディープラーニング)予測数字は、以下になります。

2つの予測値を提示します。ビンゴ5をご購入されている方は、ご参考までにご覧ください。

 

1,7,13,20,21,26,33,40       (セット球Cの場合) ← 1点買いにしたい方は、セット球当たりの可能性の高いこちらをご購入ください。

2,8,15,16,21,28,35,36     (セット球Dの場合)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です