仮想通貨:孫社長が145億円超の損失



 

 

ソフトバンクの孫 社長が、ビットコインの投資で145億円以上の損失を出した、というニュースがでています。

 

わたしも、テレビ東京のワールドビジネスサテライトは、かかさず見ていますが、そこでも報道がありましたね。

 

間違いない情報なのでしょう。

 

これは、損失なので、投資額ではないですね。そうすると、投資額はもっと大きいということです。

 

どのぐらい下がって売ったのかわかりませんが、いわゆる損切りレベルに達したため、損切したということだと思いますね。

 

投資額が巨額ですから、損切レベルは大きくはないでしょうね。せいぜい10%という設定なら、1000億円越えを投資していたことになりますね。

 

逆に言えば、損切をして、ビットコイン全体の投資額が減ったので、さらに、ビットコインが価格が下がった原因にもなったのでしょう。

 

孫社長は、日本で2位の富豪(1位は、ユニクロの柳井社長)で、資産は2兆円ほどありますから、問題ないでしょう。

 

 

しかし、孫社長が、ビットコインに投資をしたということは、すごいことですね。

 

これは、仮想通貨が、それなりの価値がある、と判断したからしたことだと思いますね。

 

投機的なものだとしたら、これだけの巨額な投資はしないでしょう。切れ者の経営者が、そんな軽率なことはしないですからね。

 

当然、いまの相場は、投機筋に遊ばれているので、投資が難しい状況になっていますが、技術的なものを考えれば、

 

おもしろいものですし、当然、ブロックチェーンという技術は、なにかに使われていくことは間違いありませんね。

 

 

 

しかも通信速度の向上、5Gが本格的に動くと、さらに、IT技術の一段進んだ発展があるわけですから、

 

仮想通貨もなにか関わってくることは間違いありませんね。

 

 

まあ、大手の企業が、仮想通貨にかかわってきているので、このニュースが驚くほどのことではないのですが、

 

仮想通貨がこのままなくなることはないでしょう。

 

しかし、どう発展していくのかは、まったくわかりません。

 

なにかのきっかけで、どんと伸びる可能性はひめていますね。

 

 




 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です