仮想通貨:イーサリアム開発者来日

 

本日(2018年3月28日)、イーサリアム開発者のビタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏(ロシア人の24才)が来日した。

 

テレビ東京のワールドビジネスサテライトのインタビューをみたが、ごくごく当たり前の内容でしたが、

大手企業が出資しており、ビットコインを追い抜く仮想通貨になるとの見方をしたニュースを流したのは、印象的だった。

 

イーサリアムは、スマートコントラクトという機能、ICOで盛んに使われている機能をもっているので、

取引量も相当多くなっている。

 

また、講演(イーサリアムミートアップ(Etherium Japan主催、場所:東京大学))のために来日したようだが、

河野外務大臣とも顔合わせをした模様。

これは、今後かなり期待できる仮想通貨になっていることが、間違いないことをものがたっているんだろう。

 

いずれにしても、仮想通貨は、使われないと価値がないものなので、使われるかどうかが今後、ポイントになることは間違いない。

 

社会では、便利なものがでると、あっという間に使われて、当たり前になる傾向がある。

 

おそらく、使われるのが当たり前になる時代がくることは、間違いない。

 

しかし、今の仮想通貨が使われるか、まったく新しいものが登場するのか、だれもわからない。

 

いずれにしても、イーサリアムは、今後も期待できるだろうし、ネムもカタパルトという機能追加がされると、

かなりの期待ができるので、わたしは、投資を続けるつもりである。

 

いま、仮想通貨相場は、2017年の12月初旬の高騰前の水準に落ちている。

これは、間違いなく買い時である。わたしも買いたいが、含み損で資金不足であるが、保持するつもり。

 

4月以降、来年度の投資資金が、仮想通貨に投入されることは間違いないので、少額ながら買い増し中である。

来年度が仮想通貨の勝負の年、期待したい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です